本ときどき旅

元書店員による本の紹介をメインに雑記を諸々綴っていきます

朝井リョウ/何者

みなさん、こんにちは。


久しぶりに読書の記録をしましょう。

今回読んだ本は実写映画で話題になった

『何者』です。


就活生の二宮拓人を主人公に描かれる人間模様。


これはねー、面白かった!!!笑

キャラがすっごくリアルで、就活したことある人ならわかると思うけど、絶対いるんですよ!こういう人たち!!

その中でも自分はどのタイプかなーと読み進めていくと、ラストに驚愕!


実写映画のキャスティングもうまいですね。

映画は見てないんですが、誰が誰かすぐに想像できました。笑


正直、イタイ所をついた作品だと思いますよ。まさに人間の本性を暴いてると言いますか。

私の話になるけど、人生の分岐点に立っている身としては自分を考え直すきっかけになる本だと思っています。


ぜひ就活生には読んでほしい!

上手くいってる人も、いってない人も読んでみてください。

私たちは何者で、どうなりたいのかを考えるきっかけになります。