本ときどき旅

元書店員による本の紹介をメインに雑記を諸々綴っていきます

辻村深月さんの入門書的存在『鍵のない夢を見る』を紹介してみた

みなさん、こんにちは。


今日は

辻村深月さんの短編集

『鍵のない夢を見る』を紹介します。


辻村さんといえば、

1番人気は『ツナグ』だと思います。

映画化(2012年10月公開)もされていて、松坂桃李くんが主演を務めていました。

私もこのお話で辻村さんを知ったんですよね〜。


『鍵のない夢を見る』は文春から出版されていて、辻村さんの作品は他にもいくつか出版されていますね。

『水底フェスタ』や『太陽の坐る場所』です。

講談社から出版される青春ストーリーとは

また雰囲気が異なっていて、

少し大人っぽい、ビターなお話が多い印象です。


『鍵のない夢を見る』は短編集で

5作品入っています。


全てのお話のタイトルが

地名+事件名で構成されていて、

目次を見るだけでドキドキします…!


今回のお話は大きい意味での愛について

書かれていると思いました。

子供同士の友情、

恋人の愛情、

親子の愛情などなど。


辻村さんの作品は比較的長めで、

なかなか手が出しにくいこともあるかと思います。


その点『鍵のない夢を見る』は短編集なので1つ1つのお話が読みやすい長さです。


そして辻村さんらしい、

学生時代の青春から

女性ならではの葛藤や苦しみを

幅広く読むことができます。


辻村深月さんのお名前は知っているけど

読んだことないなーって方には

本当にオススメです!

辻村深月さんの入門書的な立ち位置として

ぜひ『鍵のない夢を見る』を読んでみてくださいね( ´ ▽ ` )ノ