本ときどき旅

元書店員による本の紹介をメインに雑記を諸々綴っていきます

『世界一やさしい右脳型問題解決の授業』を読んでみた!

みなさん、こんにちは。


今日は

『世界一やさしい 右脳型問題解決の授業』

(ダイヤモンド社 渡辺健介 著)

を紹介したいと思います。


世界一やさしい右脳型問題解決の授業

世界一やさしい右脳型問題解決の授業

こちらもやぎぺーさんがTwitter

紹介していた本です。


もともと0から何かを生み出すのが苦手で、

物事を深く考えることに慣れていないので

思考力や問題解決力を鍛えたいと思っていたところでした。


そんなときにこの本を紹介されてて

前回のDaiGoさんの本もすごく面白かったから早速購入。


今回もとても面白くて、わかりやすい本でした。


問題解決に対する具体的な方法が書かれているから、

常に考え方として頭の中に置いて、習慣化していけばかなりクリエィティブな人間になれると思います!!


それでは本の内容をうっすら紹介します!


①気になる部分や引っかかる部分に対する問いをたてる

それに対して→そもそも何のためか?周囲の人々はどのようにしているか?意見を聞く。


⇨気になる部分の問いをワクワクする楽しい問いへと変換させる


②アイデアを広げて絞る

とにかくアイデアを出しまくる

→アイデアに対する他人の意見を聞き、結論を出す


③カタチにし、テストする

イデアが固まったら粗くても良いので、体感させ、実行する!

口で説明するよりもやってみる!

→反応を見て、質問をし、改善していく


つまり、アイデアが決まったらいかに早く行動に移せるかがポイントとなります。


これを読むと次は行動力を高める本を読みたくなりますね。


私たちは無意識のうちにこのプロセスを踏んでることもありますが、

行き詰まったときは意識的にこのプロセスを実行してみると良いでしょうね!

そういう意味では知っていて損はない知識だと思うので、

気になる人はぜひ読んでみてください!


世界一やさしい右脳型問題解決の授業

世界一やさしい右脳型問題解決の授業